グループトップ  >  仕事を知る:家づくりの流れ

家づくりの流れ

お客様との出会い

住宅展示場は、お客様とのはじめての出会いの場です。

展示場には様々なお客様がいらっしゃいます。
まだ家づくりを検討し始めたばかりの方や、検討がかなり進んで他のメーカーと建築依頼先を迷っている方など。共通して言えるのは、『家づくり』という人生の一大イベントを前にして期待はもちろんのことですが、不安と警戒感を募らせていると言うことです。
そんなお客様の不安を払拭し、信頼を獲得することが重要となります。
お迎えしたお客様には建物を説明するだけでなく、様々な情報提供を通し不安を払拭し、ご信頼をいただいて初めて、具体的な商談へと進むことができるのです。

ヒアリング・現地調査

家づくりの第一歩は、ニーズの理解と情報収集です。

商談に入りましたらまず、お客様のご要望をヒアリングします。
求める条件、家族状況などを伺いながら、役立つ情報提供を行い、同時にセキスイハイムへの理解を深めていただくことがポイントです。

また、土地をお持ちの方には現地調査を行い、土地購入を含めてご検討されている方には土地探しまでもお手伝いします。
法的制限や敷地条件、周辺環境などを精緻に調べ、間取り、設計、予算を見積もる上で必要な情報をしっかりまとめ上げることが大切です。

プラン作成・プレゼン

100%満足の家づくりを目指して提案を行います。

ヒアリングや現地調査を通じて、まとめあげられた情報をもとに、お客様へ提案を行います。
お客様へのプレゼンテーションは、間取り図面、内外観デザイン、見積書、ローン返済計画など多岐に渡り、担当の住宅営業のみならずお客様への細やかな対応を行うハウジングアドバイザーや綿密に見積りを行う設計担当など様々なスタッフが連携して提案を行います。

家は、お客様にとって一生に何度と無いお買い物。
微塵の違和感や不満も残さぬよう、納得のいくまで、何度も提案と調整、プレゼンを繰り返していきます。

契約・打合せ

お客様のサインは、信頼をいただけたひとつの証です。

何度かの提案を経て、プラン・金額・仕様等全てにご納得頂ければ契約成立です。契約後は、実際に工事ができるレベルまで設計の細部をつめる打合せを行います。エクステリアコーディネーターやインテリアコーディネーターなどが、それぞれの専門性を発揮し、内装・照明やカラーリングなど、お客様の好みを追求していきます。

最終仕様が決定すると、各担当が工場やサプライヤーに部材を発注。同時に役所への建築確認など申請も行います。また、施工管理とともに工事スケジュールを作成。お客様に進捗状況を逐一報告していきます。

着工・工事・引き渡し

住まいがカタチになる時、大きなやりがいを感じます。

いよいよ着工です。
施工管理担当のもと、基礎工事を行い、あらかじめ工場でつくったユニットを1日で組み合わせる据付工事に進みます。まっさらの土地に、一気に建物が姿をあらわす瞬間は感慨ひとしおです。

据付工事・内装工事を経て建物が完成すると、工事担当と検査担当がお客様の立ち会いのもとに複数回にわたって入念な検査を実施。最終確認後、鍵をお客様へお渡しして「引き渡し」となります。お客様の喜ばれる姿が、当社スタッフ一同の喜びにも感じられる特別な1日です。

アフターメンテナンス

引き渡し後も末永くお付き合いは続きます。

お客様が新生活をスタートさせた後は、折々につけご訪問して暮らし心地を伺うほか、日常的なアフターサービスはリフォーム部門に引き継がれます。グループをあげてのきめ細かなフォロー体制はセキスイハイムならではです。

お客様に末永くご満足をいただくことで、ご親戚やお知り合いが家づくりを検討する際に、セキスイハイムをお薦めいただける事にもつながります。良い評判を拡げていくことで、さらなるビジネスチャンスも拡がっていくのです。

つぎへ

もどる