グループトップ  >  セキスイハイムとは

セキスイハイムとは

日本の工業化住宅の新しい歴史を作ってきました。

ユニット住宅

従業員約2万3000人、資本金約1000億円、売上げ約11,000億円の積水化学工業(株)は、世界レベルの技術力を誇る研究開発型企業。その中核を担うのが住宅カンパニーの手がける住宅事業です。

積水化学工業(株)住宅カンパニーは住宅事業をグルーバルに捉え、ブランド戦略や商品戦略等を行い、セキスイハイムグループは各エリア毎に地域密着でお客様に商品と幸せをお届けする役割を担っています。

その歴史は1960年、工業化住宅の可能性にいち早く着目し、持ち前の技術力を活かして住宅事業の展開に着手したことに始まりました。積水ハウス(株)の前身である積水ハウス産業(株)を設立し、1968年には、再び新たに工業化住宅の新技術の研修に着手します。そして1971年、積水化学がプラスチックメーカーとしての経験やノウハウを活かし、住宅業界に一大センセーションを巻き起こします。日本初のユニット住宅「セキスイハイム」の誕生です。

それまで日本の家と言えば、現場ですべての家づくりを行う在来工法が主流でしたが、セキスイハイムは「部屋そのものを工場で生産してしまおう」という世界に類を見ない画期的な工法を開発したのです。日本で初めてとなるユニット工法を開発したセキスイハイム。以来、業界の予測を超えて着実に着工戸数をのばし、ユニット住宅のリーディングカンパニーとして実績と信頼を重ねてきました。

いまでこそユニット住宅はたくさんありますが、セキスイハイムこそ、そのパイオニア。日本の住環境の進化の裏に、セキスイハイムの歴史ありです。

なぜ、セキスイハイムは家を工場で作るのか?

このページの先頭へ